• トップページ → 看護師求人・転職サイトの選び方
  • 看護師求人・転職サイトの選び方



    看護師の転職サイトといっても多数のサイトが存在します。転職サイトの善し悪しは希望の職場に就けるかどうかに関わってくるので、しっかりと選別していきたいところではありますが、では、どういうところを見て自分が活用する転職サイトを選ぶべきでしょうか。今回は看護師転職サイト選びのコツを紹介したいと思います。

    コツ、といっても単純な事で、とにかく求人の多い転職サイトを利用する事が重要です。但し、単純な求人数ではなく、「継続的な求人の新規案件があるか」この辺りがポイントになってきます。

    少し長いスパンをとってじっくり個々のサイトをみて確認していきましょう。大体期間としては1か月程度、余裕があるなら見積もってください。複数の看護師求人サイトを転職活動もしながら見ていくのもいいと思います。

    1か月程度サイトをみていて、継続的な新規求人募集が多量にあるようならその転職サイトを活用して看護師としての転職活動をするといいでしょう。長い期間、サイト選びに使いたくない気持ちも分かりますが、転職を成功させる為にも転職サイト選びは慎重に行ってください。

    求人の少ない転職サイトを急いて選んでしまって、多くない案件の中からギリギリ自分の希望に合うような職場に転職しても、後で後悔する事になりかねません。もし途中で転職を諦めてしまっても同じことで、自分が転職を望んでいるような職場に居続けても良い事はないでしょう。

    一度良い転職サイトを見つけてしまえば、現在の仕事よりも好条件の仕事を見つける事もいち早くできますし、そこで転職の機会を逃してしまったとしても、またそのサイトで次の機会を伺う事もできます。その為にも転職サイトの選別はしっかり行ってください。

    看護師の転職はそう簡単にできるものではありません。途中で転職に不安を感じたりする事があるかもしれません。そういう不安を拭う為に早急に良い転職先を見つけたい。その為には良い転職サイトを見つける事が重要なのです。良い転職サイトを見つけ、良い転職をし、良い仕事をするのが一番だと思います。

    パート助産師として働く

    助産師として働くというとフルタイムでの働き方を考える方が多いようですが、どうしてもフルタイムでは働きにくいケースもありますよね。例えば、小さい子供がいたり、親の介護をしなければならないという人もいるでしょう。

    正社員として働くとなると病院ではどうしても夜勤を担当しなければなりません。 ですが、パートとして働くことができれば、夜勤を担当しないという選択も可能になるので、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるでしょう。

    ただ、正社員以外の働き方を検討する際に、パートタイマーとして働くか派遣社員として働くか悩んでしまう方もいるかもしれませんね。どちらが向いているかというのは人によって違うものの、両者の違いを理解しておきましょう。

    大きな違いとも言えるのが、雇用先の違いです。パートタイマーとして働く場合は雇用先は病院などの勤務先ですが、派遣社員の場合は派遣会社との契約になります。

    それぞれのメリットを紹介すると、派遣社員であれば派遣会社が病院と「残業はしない、させない」といった契約をしていれば、病院側は派遣の助産師に対して残業を依頼することができません。それに対し、パートの助産師は病院側との契約となっているわけなので、急な残業を頼まれてしまうこともあるのです。

    ですが、病院との契約をしているパートタイマーは社会保険や雇用保険が使えるだけでなく、福利厚生も保障されているという魅力があります。そう考えると、派遣社員よりもパートタイマーのほうが安定していると言えるでしょう。

    パートといえば自分の希望した短い時間帯だけ働けるというのが魅力なのですが、どの時間帯に働くかというのは人によって違います。昼間の時間帯だけ働いて夜は家族との時間を大切にするという選択肢ももちろんありますが、夜勤だけを希望して短時間で効率よく稼ぐというのもおすすめです。

    病院によっては正社員の負担を減らすために夜勤はパートタイマーにお任せしているところもあるので、そういったところを探せば転職活動も難しくありません。

    助産師の仕事は難しい?

    職業によっては、働き始めてから「想像と違っていた」と感じることがあるかもしれません。助産師というと、赤ちゃんの誕生を笑顔で迎えられる仕事だという認識が強いのではないでしょうか。

    ですが、どのような仕事にも言えることではありますが、働く中で経験するのは楽しいことばかりではありません。そこで、助産師という仕事ではどういったことを辛い、大変だと感じてしまう人が多いのかご紹介します。

    まず、出産のタイミングというのは簡単に予想できないものであるということが挙げられるでしょう。 そのため、助産師は急な出勤を求められたり、休日がなくなってしまうようなこともあります。

    職種によってはしっかりスケジュールを立ててその通りに働けるものもありますが、助産師の仕事はそうではありません。そんな不規則な仕事を続けるうちに体調を崩してしまう人もいるので、健康管理がしっかりできる人でなければ助産師を続けるのが難しいと言えます。

    それから、助産師という職業に関する一般認識が低いことに対して苦労している人もいるようです。 例えば、助産師よりも医師のほうが信頼できると考え、助産師の診察を受けることを拒否する妊婦さんもいます。

    助産師といえば出産に関するスペシャリストではあるものの、これをよく理解してくれない方もいるため、対応に苦労することがあるかもしれません。

    最後に、命の誕生と笑顔が溢れる職場を夢見て助産師になった場合、喜ばしいことばかりではない職場の現実に触れてショックを受ける人もいます。

    無事に生まれてくることができなかった赤ちゃんに触れることもあるでしょう。そんな時に、妊婦さんを優しく励ましてあげなければなりません。産科といえば、明るいイメージを持っている方が多いはず。

    確かに出産の喜びに沸いている方が多いので産科といえば笑顔が溢れていることが多いのですが、その中で出産に不幸があると妊婦さんや家族の悲しみがより一層濃くなってしまいます。

    妊婦さんや家族が前を向いていけるように支えるのは大変なことではありますが、助産師として責任とやりがいを感じられれば素敵な仕事として続けていけるはずです。