管理薬剤師の求人探しは、ココを参考にしてください!

管理薬剤師の求人先選び、注意点は?

管理薬剤師としての地位に満足せず、さらなるキャリアアップや年収アップを目指すのならば転職を考えてみるべきです。管理薬剤師の転職ならではの注意点などもございますので、転職で失敗しないためにも事前に確認しておかなくてはなりません。

そうすることで、情報収集も効率的になりますし、就職後にこんなはずじゃなかった…といった失敗も防げるでしょう。

求人先の情報収集なら薬剤師専門の転職サイトの利用をおすすめ致します。下記では管理薬剤師の転職に人気の転職サイトをランキング形式で紹介しておりますのでぜひ参考にしてください。

管理薬剤師の転職サイト、人気ランキング

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師
就職・転職支援会社として有名な大手企業リクルートが運営しているサイトです。豊富な求人数に加え、親切で心強い転職支援サポートが人気の理由です。抜群の知名度を活かし、数多くの優良求人を抱えています。管理薬剤師の案件には特に強いので、是非登録しておきたい一社です。

m3キャリア
m3キャリア
薬剤師の登録者数が最も多く、人気・実績ともに常に上位を誇っています。m3キャリアの魅力は、求人案件数の多さにあります。全国の薬局はもちろん、企業や病院、大手から中小まで需要の高い様々な求人を揃えており、非公開求人も充実しています。初めて転職活動を行う方に利用しやすいサイトです。

ランキング3位
ファルマスタッフ
数ある薬剤師専門の転職サイトの中でも、人気急上昇中なのがファルマスタッフです。求人情報数に関しては他社サイトに引けをとらない程ですが、薬剤師業界に精通したコンサルタントによる手厚いサポート体制が注目を集めています。転職のミスマッチを防ぎます。

ランキング4位
マイナビ薬剤師
求人サイトとして知名度が高いマイナビが運営する薬剤師専門の転職サイトです。好条件な職場が見つかりやすい非公開求人の多さが魅力です。他社サイトにはない求人も数多く取り扱っていますので、自分にぴったりの職場に転職することが可能ですよ。

薬剤師のお仕事
薬剤師のお仕事
人材紹介会社の大手であるレバレジーズが運営している薬剤師転職支援サイトです。多くの薬剤師さんに支持される理由は、転職成功率の高さにあります。利用者が満足いく転職でがきるよう、薬剤師専門のエージェントが手厚くサポートしてくれますよ。

管理薬剤師が活躍する場とは?

管理薬剤師と一口に言っても、職場は様々です。最も割合が多い調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬卸企業、製薬メーカーと多岐に渡り、それぞれにおいて業務内容もかなり異なってくることは注意が必要です。

どの職場でも管理薬剤師として、医薬品の品質管理、在庫管理等は伴う場合が多いですが、その他の業務では違いが出てきます。


例えば調剤薬局では通常の調剤業務を一般薬剤師と一緒に行いますし、ドラッグストアなら医薬品の他に医薬部外品や日用品を扱ったり、宣伝広告が薬事法に違反していないか等を管理します。 病院なら入院患者に対し調剤をします。製薬卸企業や製薬メーカーなら薬剤師としてより企業色が強くなり、他部署と連携して様々な人と仕事を進めていきます。

管理薬剤師の管理業務は医薬品の管理に留まらず、従業員の指導や教育も含まれますが、その対象も大分変ってきます。一般薬剤師だったり、ドラッグストアの店員だったり、製薬メーカー等の営業職であるMRであったりと様変わりします。


これだけ業務内容に違いが出てくると、人それぞれの適正や希望に合うかも問題になります。それに仕事量にも大分変化が出てきます。就業先の規模にもよりますが、激務になるところも出てきます。

 管理薬剤師の転職におすすめの転職サイトは?

管理薬剤師の年収や採用条件は?

そして管理薬剤師の収入ですが、一般的に600万~650万年程が平均とされていますが、下は400万程度、上は800万円~と幅があります。そしてこの金額は、仕事量と比例しやすい傾向にあることは注意すべき点です。

また管理薬剤師は管理職になるため、残業をしても残業手当がつかないケースが多くなっています。


店舗で働く管理薬剤師なら、営業時間は患者さんやお客さんの対応に追われますので、閉店後の管理業務になることがほとんどになり、残業時間に対し管理薬剤師の手当が割に合わないという声も多く聞かれます。

よって、業務内容、忙しさ・残業の度合、それに対する待遇・給与に関しては事前に十分に確認をしておきましょう。自分の適正やライフスタイルに合わない仕事では、長く勤めることは大きなストレスとキャリアアップの妨げになってしまいます。


さらに、職場によって管理薬剤師の採用条件は様々です。調剤をする店舗なら勤務の長い従業員を昇格させることがほとんどですが、求人が出るなら条件に管理薬剤師としての経験が必須となっている場合が多いですし、製薬卸企業や製薬メーカーなら新卒を採用したり、薬剤師としての経験を問わない場合も多くなっています。

また、製薬メーカーから調剤薬局への転職は可能でも、調剤薬局から製薬メーカーへの転職は難しい等、同じ管理薬剤師でも一方通行の傾向がある職場もあります。このことからも、今後のキャリア形成を慎重に考えながら進路を決めていくべきと言えるでしょう。


いざ管理薬剤師の求人を探そうとしても、その数は少なくなっています。一般的に表に出ることはあまりなく、専門の求人サイトに非公開求人として扱われている場合が多くなっています。闇雲に探すよりは求人サイトに多くの求人が集まっていますので、利用するのが一番の近道です。

業務内容や待遇についても専門のコンサルタントがしっかり調べてくれます。履歴書や面接、今後のキャリア形成についても相談にのってくれますので、是非利用してみましょう。 非公開求人をチェックするにもまずは登録からです。おススメのサイトを下のリンクから訪ねてみてくださいね。

 管理薬剤師の転職におすすめの転職サイトは?



管理薬剤師の基礎知識

管理薬剤師はどのような仕事をこなしてどのくらいの収入が得られるのか。ここでは、管理薬剤師の基礎知識について紹介します。

管理薬剤師として働く!

管理薬剤師の仕事はそう楽なものではありませんが、その分やりがいは大きいものがあります。ここでは、管理薬剤師の働き方について紹介します。

管理薬剤師の求人先

管理薬剤師のその他知識

管理薬剤師について多く寄せられる疑問をまとめました。せっかくの転職で失敗しない為にも、ぜひコチラを参考にしてください。



薬剤師のその他関連記事

保険薬剤師とは? ・保険薬剤師の求人先選び、注意点は?

保険薬剤師と調剤薬剤師の違いって何? ・その他記事一覧 ・管理薬剤師