内定をもらった病院には、必ず就職しなければいけないの?

内定をもらった病院には、必ず就職しなければいけないの?

看護師として転職活動を行う場合、一度にいくつかの病院に応募し、面接や採用試験を行うというは珍しいことではありません。少しでも良い環境で働きたい、再就職のチャンスはどんな小さなものでも逃したくない。

そう考える看護師にとって、複数の病院・医療施設に同時応募するということは当然のことだと言えるでしょう。しかし、ここで困るのが第一志望の結果が出る前に、他の病院や職場から内定が出てしまった場合です。

本命の職場の試験結果が出てから、他の病院からもらった内定を断るということももちろん可能ですが、内定を断るという行為は想像以上に精神的負担が大きく、辛く感じるものです。

また、看護師業界は意外に狭いため、内定の断り方ひとつ間違っただけで「あの人は不義理だ」といった噂が広がり、転職活動の難易度が跳ね上がるなんてことも起きかねません。

どんなに気乗りしない病院や職場から内定をもらったとしても、まずは内定を出していただけたということに深く感謝し、辞退の連絡を取る際には、誠意をもってご迷惑をおかけすることに対する謝意を伝えるよう心掛けましょう。

そして、内定辞退についてできる限りやってはいけないことの一つに、内定承諾後の辞退があります。複数の職場や病院に応募をしていた場合、本命の病院からの連絡がないため、第二志望以下の内定に対して承諾の返事をしてしまう、というケースが少なくありません。

しかし、もし本命から遅れて内定通知が届いた場合、実は内定承諾を撤回することができます。職業選択の自由が憲法で保障されているため、内定承諾の申し出を白紙にすることが可能なんですね。ただし、内定承諾の返事を受けた内定先は、内定者の受け入れのために数々の準備を行っているはずです。

その苦労や気遣いをフイにしてしまったという事実はしっかり受け止め、自分自身にできる最大の謝意を示しておきたいところです。そして、周囲に多大な迷惑をかけてでも働きたいと考えた本命の病院との縁を大切にし、精一杯看護師としての仕事と業務に打ち込んでいきましょう。

↑ PAGE TOP