治験コーディネーターになるための資格

治験コーディネーターになるための資格

治験コーディネーターというと、専門的な職業なので何か資格が必要になると思っている人も多いと思います。でも実際には、治験コーディネーターになるために特別な資格は必要ありません。だからといって誰にでもすぐに治験コーディネーターになれるというわけではありません。

一般的に、看護師や薬剤師、または臨床検査技師として仕事をしてきた人が、治験コーディネーターになるケースが多いようです。これらの仕事は病院などの医療現場で働く仕事ですから、 治験コーディネーターにも比較的スムーズに転職することができます。

実際に治験コーディネーターを採用する企業でも、これらの医療系経験者を求めることがよくあります。 看護師・薬剤師・臨床検査技師以外でも医療系の資格を持っていたり、医療現場で働いた経験があれば、治験コーディネーターへの道も進みやすいといえるでしょう。

ただし、まったくこれらの仕事の経験がない人が治験コーディネーターになろうと思えば少し工夫が必要です。たとえば最初に臨床開発モニターになったうえである程度経験を積み、 その後治験コーディネーターをめざすという方法です。

臨床開発モニターも特別な資格が不要ですから、まず企業に採用されれば経験を積むことができるのです。ですが、臨床開発モニターになるにはいろいろな素質が必要になります。

コミュニケーション能力や交渉能力がないと務まらない仕事ですから、それらを十分に備えていることが必要です。また外資系企業に勤めたり、外国の企業とやりとりをする関係で英語が必須となっています。 語学が苦手という人も、臨床開発モニターになるのは厳しいでしょう。

治験コーディネーターになるためには資格は不要ですが、SMO協会が主催している認定資格がありますので、それを取得すると転職にも有利になります。この資格を取得すれば治験コーディネーターとしてのスキルアップにもつながりますし、必要な知識を身に付けることができるのです。

↑ PAGE TOP